マンションを貸すに当たっての査定

両親が他界しマンションを譲り受けました

両親が他界したため長男である私に相続権があり譲り受ける事になりました。
私自身は既に40歳を過ぎて居て子供二人との四人家族で郊外に家を建てて居てローンを支払って居る最中でしたので、転居などは考える範疇には無く折角のマンションを持て余してしまう有様でした。
査定を受けた所かなりの金額になり、年数も然程経過して居ないので高額で売る事も出来ると鑑定士から言われて居ましたが、手放す事に少し抵抗がありました。
両親の思い出もある家ですし、売りに出してしまったらどんな人間に住まわれるか心配もありました。
都内の沿線の駅前という立地で商店街も近く、家族向けに売りに出せば買い手は必ず付くと言われる程の物件でもありました。
貸すにしてもかなりの賃料も期待出来るので、子供の教育面での資金や老後の資金として貯蓄して行くのも良い事かと妻に相談もして居ました。
妻は私の財産なのだからと言ってくれていましたので、少し時間を掛けて色々周囲の意見を聞いてみる事にしました。

両親が他界しマンションを譲り受けました | 不動産屋によって価格が違う事に少し驚いて | マンションを貸すために